交通・屋外広告を検討している~交通広告~

<交通広告>

交通広告とは、電車、バス、タクシー、飛行機など
各種交通機関に関連する場所に掲載された広告のこ
とをいいます。交通機関利用者の中には、同じ交通
機関を往復で利用する人が多く、そのために交通広
告は反復接触率が高く、フリークエンシーが高いの
が、特徴です。
train_ad_01

<編集内容からの分類>

また、交通広告の種類によっては、長時間にわたって広告に接触するシーンも多く、確実
な広告内容の伝達が可能です。それに、風景にとけ込むように生活者の目に入ってくるた
め、知らず知らずのうちに記憶していたりします。また昨日まで見かけた同じ場所に今日
は違う広告が掲載されていたりすると見る人に新鮮な印象を与えますし、昨日まで何もな
かった場所にある日突然広告ポスターが掲示されたりすると、軽い驚きを与え、その効果
がそのまま広告注目率の上昇に貢献することもあります。
 
生活者のアクションに合わせ、掲載される広告はターゲットを確実に掴み、メッセージを
届けられるため大変効果があります。首都70㎞圏生活者の約7割が接触しているといわ
れる交通広告は、マス媒体では捉えにくいといわれるビジネスパーソンを狙うには効果的
です。
 
交通広告を代表するのは電鉄メディアです。東京・大阪・名古屋の3大都市の1日平均電
車利用客は約5200万人。1日の広告接触者が5000万人を超えるというのは、交通
広告は巨大メディアと呼ぶのに相応しいといえます。