印刷媒体に告知を検討したい~新聞広告の特性~

<新聞広告の特性>

日本新聞協会の発表によると、日常的に新聞広告
を見ている人は87.8%に達しています。男女
別に見ると、男性が87.3%女性は男性を上回
る88.4%となっています。また活字離れが懸
念されている若年層の15歳から19歳でも、約
7割が新聞広告に触れています。この結果からみ
てもすべての年代で新聞広告への接触率は高いと
言えます。
newspaper

<ブランド広告に最適>

新聞は社会的影響力の強いメディアです。また、信頼の高いメディアとしても評価が
高く、企業・商品のブランド構築には最適なメディアのひとつといえます。特に印刷
技術の向上で、ポスター新聞広告というワンメッセージ・ワンビジュアルのグラフィ
ック手法で海外ブランドを中心に広くブランディングメディアとして使われています。

 

<ダイレクトレスポンスに最適>

新聞は活字メディアであり、保存メディアです。伝えるべき必要な情報をすべて掲載
することができるメディアです。また同時に、毎日宅配されるデイリーメディアでも
あります。そのため詳細な情報が必要とされるダイレクトレスポンス広告に適してい
ます。

 

<ダイレクトレスポンスに最適>

新聞広告は全国一律ではありません。配布エリアから全国紙(読売新聞、朝日新聞、
毎日新聞、日本経済新聞、産経新聞)・ブロック紙(北海道新聞、中日新聞、西日本新
、東京新聞)・地方紙(静岡新聞、中国新聞、河北新報、東奥日報など発行エリアと
世帯数の制約を受ける。但し、地域内での普及率では圧倒的な強さを示す新聞が多い)
の3つに分類できます。全国展開も可能なら地域毎の展開も可能です。全国と地域が
連動することで、地域と企業・商品との深い絆づくりに有効となります。