9.キャンプ場選びのポイント

キャンプ場は、いろいろなキャンプ道具の見本市会場のようです。ピカピカのテント、タープが風にはためき、「新商品はコレですよ」と教えてくれます。自分のサイトの設営が一段落したあと、余所のサイトを家族と一緒に「ああだ、こうだ」と云いながら見て回るのは、キャンプ場での楽しみのひとつです。
 

★さて今回のポイントは、「キャンプ場選び」について。
 

「去年までの所は良かったけれど、ちょっと飽きたかな」という時、誰でもガイド本を頼りに探すのではないでしょうか。その際のチェックポイントはだいたい次のようです。
 

1.広さ~100平方mあれば、かなり広いほうだと云えるでしょう。
2.清潔さ~トイレが水洗かどうか。掃除が常にされているかどうか。
3.風呂~あるかどうか。清潔かどうか。露天か、or温泉か。
4.サイト~芝サイトか、土か。
5.買い物の利便性~スーパーマーケットは近くにあるか。
 

なんと贅沢な望みかと、呆れる方もいるでしょうが、家族で行くオートキャンプの場の場合、快適で、便利に越したことはありません。また、この程度の条件は、人気のキャンプ場はほとんど満たしています。
 

私が今年行ったキャンプ場は、5つのチェックポイントをすべて満たし、インターネット上でも、何人ものキャンパーが絶賛していました。それでどうだったかと云うと、「私の家族には合わなかった」と云うほかありません。キャンプ場のオーナーの姿勢に「カチン」とくるものがあったからです。
 

キャンプ場は、オーナーの思い入れが多分に反映されていて、ペンションと似たところがありますね。
時に「大きなお世話だ!」と感じるいろいろな干渉が、“場内放送”という形で空から降り注いできます。
 

▼ロケット花火使用禁止・・・使用したら即退場。返金ナシ。
→そこまで云わなくても、と思い、そんなことまでなぜ全員が聞かされなくてはならないのだ!とイキドオリを感じました。
▼車の門限は21時まで。厳守のこと。
→ここは寄宿舎か?!何かの都合で遅れて帰ってきた時の対応は、どうなっているんだろう。『お声を掛けていただければ、鉄扉を開けます』と、ひとことないのか。
▼「夜7:00から、子ども向けの盆踊り大会を連日開催します」
→炭坑節のフリを1時間マイクでがなるのは、やめてくれ!
 

一体いつから、キャンプ場はこんなに騒がしくなったのだろう。
 

いろいろな規則を作り、「利用者の安全を守るため」という大儀名分を越えて、キャンプ場側の都合ばかりが表に出ると、ちょいと鼻につきます。まして、日常を離れてリゾート気分に浸りたいのに、これじゃあね。
 

情報をいろいろ集めてみても、“行ってみなけりゃ判らない”というのはつらいところです。人により家族により、合う合わないはあることですから。
 

★そこで、私の好きなキャンプ場をご紹介します。
 

場所は千葉県の房総、九十九里の下端の岬町です。ここも“場内放送”はあるのですが、ぐっと少なく、滞在者にとって有益な情報のみです。平均64平方mと、サイトは少し狭いのがたまにキズですが、風呂はバツグン。トイレは最高にキレイ。海は近くて、買い物は便利。おまけに、いろいろな虫がたくさんい
ます!!
 

朝は、英語の似合わない「塩辛声で漁師顔」のオーナーの挨拶から始まります。
“グッドモーニングエブリバディ!”これには毎回笑わせられます。
続いて「177」からの天気予報がスピーカーから流れ、近隣の観光情報、最後に「今日1日が楽しく、有益な日でありますことを、心よりお祈りしています」で結ばれます。
 

去年まで続けて4回行ったのに、今年はつい浮気をしちまって、お父さん、深く反省しているよ。だから来年、リベンジだ!!
 
【情報】
******************************************************************
『ワイルドキッズ岬オートキャンプ場』のホームページ
http://wildkids.jp/
******************************************************************
 

【追記】
このことは、自分が日頃行っているイベントの現場に置き換えたとき、考えさせられる点が多々ありました。必要以上に司会者がお客様に投げかける注意コメントは、すべてディレクターからの指示なのです。(つまり私です!)これはもっとセーブすべきだと、反省しました。