5.イベントのお店

今回は、しばし私の夢に付き合ってください。YAHOOで検索してみましたが、私が想定しているようなサイトはどこにもないようです。「イベントのお店」は、『イベントのたね(種)』を集めたものになるはずです。
 

以前、こう書きました。
 

『“たね”は“ネタ”に通じます。しかし、「種は育て方次第」で立派な果実を付けることもあれば、芽を出さないまま、土の中で枯れてしまうこともあります。
“イベントのネタ”も同じ。実施する目的や時期、場所に合わせて加工することにより、花も咲けば実もつけます。つまり『大成功!』するわけです』
 

イベントをWEBで売るために、商材となる“ネタ”は、どういったものが適当かを考えてみました。
 

▼素材そのままで、イベントとして成立するものであること。
 

「出荷時」に演出をまったく必要としないもの。または“さほど”必要としないものであること。これは重要な要件だと考えます。
「自分たちの力でイベントを作り上げる」ためには、加工要素は「イベントのお店」のお客様にゆだねるべきだと思っています。
 

▼イベントをサポートする「モノ」も売ろう!
 

備品、資材、道具も「イベントのお店」では売ります。プロのオペレータを必要としない「音響機材」や「照明機材」、パーティー小物や抽選備品、等も扱おうと考えます。1回のイベントのために買うには高価なものは、レンタルで。もちろん、オペレータ付きのレンタルセットも販売します。
 

     ◇         ◇         ◇
 

自分たちの力でイベントを作り上げるのもいいが、もう少し「手離れ」良く、プロデューサーの立場でイベントに参加しようという方のために、▼イベントをサポートする「ヒト」を売ろう!
 

・司会者、ナレーター、イベントコンパニオン。
・ディレクター、AD、進行スタッフ。舞台監督も。
 

▼イベントをサポートする「ホン」を売ろう!
 

・企画書、進行台本、運営マニュアル・・・。
 

さて、いかがでしょうか。「本性を現わしたな」とは思わないで下さいね。
「イベントをWEB上で売る」という、新しい試みにチャレンジしようと、心新たに考えているのですから。実に、ワクワクしています!!
 

┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┯┯┯┯┯
┃オマケの種・05┃「熱気球(体験搭乗)」~体験マシーン~─┼┼┼┼
┗━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷┷┷
 

熱気球の大きさは約25m以上。ぽっかりと浮かぶ熱気球は、それ自体が巨大なアイキャッチャー。広告表示も出来、それだけでも立派なイベントですが、「体験搭乗」として、地上10m~30mのゴンドラから見る景色は、非日常の世界が体験できます。
 

大型機だと、1日あたりの参加人数は300~400人程度可能です。
当日の天候(雨、風)に左右されるので、確実に実施出来るネタとは云えませんが、実施できれば人気抜群のイベントとなります。
 

50m四方のスペースがあれば可能です。
 

価格は1日50万円前後。運搬費等は別途になります。