【中級】タレントブッキング(3)

前回の続きです。ブッキングしたいタレントのいるプロダクションに電話して、「お目当てのタレントの、営業担当者が電話口に出たところ」まで前回お話しました。ここからが本当の「取材」になるわけです。

■聞き方にはコツがある

┌────────────────────
│【取材項目】
│A.「営業」が可能かどうか?
│B.内容を説明する
│C.スケジュールは空いているか?
│D.ギャランティーはいくらか?
│E.支払方法は?
│F.実施条件はどんなものがあるか?
│G.その他
└────────────────────

A.「営業」が可能かどうか?
「営業はやらない」とは、つまりテレビや映画の世界、または自主興行(コンサートツアー等)のみ、ということです。

●例えば「サザンオールスターズ」「ユーミン」に営業を依頼しようと思っても、どだい無理な話です。いったいに、ニューミュージック系は「営業」をしていません。

●「スマップ」も営業はしていません。ニューミュージック系ではありませんが、彼らは忙しすぎるからです。なぜか演歌系は、「大御所」と呼ばれる人でも、「営業」可能です。「堀内孝雄」は「アリス」時代、初期を除いて、やっていなかったはずですが、今は「ウエルカム!」で、ガンガン営業でも稼いでいます。

●よくテレビに出ている漫才師や、中堅の歌手が、「デパートの屋上での営業時代」をネタにして、笑い合っているのを見かけますが、私としては(イベントに携わる者としては)ちょっとムッときます。「営業をバカにするんじゃない!」と、声を大にして云いたい気持ち、ちょっとあります。

●では、「想定問答」です。相手が電話に出たら、自分の会社名と名前を名乗り、まずこう聞きましょう。

「プレゼン段階(もしくは、企画段階)なのですが、ディナーショーに関してお聞きしたいのですが、よろしいですか?」

または、もっと簡単に・・・「営業はやっていますか?」
「YES」ならば次へ。

◆B.内容を説明する◆

┌──────────────────────────────
│1.いつWHEN
│2.どこでWHERE
│3.誰が(主催者)WHO
│4.何を(タイトル)WHAT
│5.誰に(お客様の種別)WHOM
│6.何のために(目的)WHY
│7.どのように(有料か招待か)HOW
│・・・つまり6W1Hです。
└──────────────────────────────

●1.「いつ」、2.「どこで」は大切です。
次の質問項目(スケジュール)に関わってくるからです。
「×月×日」は空いていても、実施時間が夜で、実施場所が交通の便の悪い地方だったりすると、当日帰れないことがあります。その場合、翌日のスケジュールに響きます。

●「いつ」「どこで」が確定していない場合でも、取材することは可能です。ただし架空の話ではなくて、「可能性を確かめる」ために聞くのならば、です。

※公的機関や、マスコミが主催するものは、歓迎されます。
※主催者と競合する企業に関りのあるタレントには、最初から声を掛けないのが常識です!

●4.「何を(タイトル)」が決まっていれば、告げましょう。プロダクションは、公的機関が主催する「公的行事」への参加は大歓迎です。
また、「パブネタ」(マスコミに取り上げられる可能性のあるもの)も好まれます。こうしたものは、ギャラの交渉にも響きます。

●5.「誰に(お客様の種別)」とは、「上得意様」とか、「会員様」とか「フリーの券売制」とか、です。

●6.「何のために(目的)」とは、「謝恩」であるとか、「販売促進」のためだとか、「興行」として、とかです。「販売促進」とは云っても、その実、マルチ商法まがいのお先棒担ぎだと判断されると、直前キャンセルを喰らうこともありますので、目的は正直に告げましょう。

●7.「どのように」は、第1に「ショーの形式」です。
≪例/ディナーショー形式とか、コンサート形式とか≫
第2に、有料制か、招待か、です。どちらとも、ショーの構成を考える上で、プロダクションにとって参考資料となります。もちろんギャラの算定にも関係します。

●長くなりましたので、続きは次回に持ち越しとします。

●次回で取り上げる「ギャランティー」に関してエピソードをひとつ。
「とんねるず」もデビューしてしばらくは、デパートの屋上での「営業」を受けていました。
最初入れたときは30万。3ヶ月程おいて別のところにブッキングしたときは50万。どちらもファンは2000人以上集まりました。

半年後、プロダクションにギャラを確認したところ、「500万!」と云われました。確かにもうその頃は、テレビで「とんねるず」を観ない日はない程、彼らは売れに売れていました。

●これは「もう、イベントはやらない」と同義語です。
また例え500万支払ってイベントを実施したところで、殺到する観客に対し、デパートサイドでは、警備しきれない時期にきていたのは間違いないことでした。