【中級】タレントブッキング(2)

前回の続きです。前回の最後はこうでした。

┌─────────────────────────────────
│さて、(赤本を買ったので)これで連絡先が分かりました。
│決めたい歌手のリストも、10人ほど出来上がっています。
│あとは片っ端から電話をして、条件を聞き、決めればいいのですが・・・

│★ただし、聞き方にはコツのようなものがあります★
└─────────────────────────────────

電話での「聞き方のコツ」についてお話するのが、今回の趣旨です。
≪何といっても、相手は百戦錬磨のプロダクションのマネージャーです!≫
「トーシロー(素人)」と思われないよう、つまり「ナメられない」電話取材のやり方をご説明しましょう。
実は「ナメられない」とは、相手の土俵に立って話をする、相手を尊重して話を聞く、ということなのですが。

●電話を掛けます。相手が出ます。
まず自分の会社名と名前を名乗ります。
すると相手は『いつもお世話になっております』と受け答えします。

●“初めて電話したのに・・・”と思うかもしれませんが、気になさらずに続けて用件を告げましょう。
「美空晴美さん(仮)のご担当の方をお願いします」

●担当者がいたら、交渉は次のステップに入ります。

●不在の場合、担当者の帰社時間を聞いて、さっさと電話を切りましょう。
芸能プロダクションの場合、担当者の代わりに話を聞ける人は、普通いません。それだけ会社に任されているとも云えますが、他の所属するタレントとの競争も激しいのです。

●別の担当のマネージャーが出たら、自分の担当するタレントを勧めるに決まっています。『美空はスケジュールが一杯で・・・都田ひばり(仮)はどうですか?』と云うかもしれません?!(あまりそういうことはありません!)

●お目当てのタレントの担当者が電話に出たら、会社名、氏名を名乗った後、まずこう宣言します。
「プレゼン段階(もしくは、企画段階)なのですが、ディナーショーに関してお聞きしたいのですが、よろしいですか?」

●「決まった仕事」を相手に依頼するのは、容易いことです。
しかしこの場合、まだ決まったことではないので、相手にはっきりとそのことを告げる必要があります。

●ここで考えられる相手の返事は、3つあります。

1.『現在、美空は営業は行っていません』
こう云われたら、それ以上話してもムダです。さっさと電話を切りましょう。

2.『企画書にして、送ってください。それを見て検討させていただきます』
この場合も望みうすです。「どうしてもこの人!」というのでなければ、企画書など送らずに、「了解しました」と云って電話を置き、そのタレント名をリストから外しましょう。

3.『どうぞ!(お答えします)』
この答えを得たら、具体的に電話取材に入ります。

●前回も書いたとおり、“営業”はタレントにとって、と云うより、芸能プロダクションにとって、美味しい仕事です。ギャラはもちろんですが、「ディナーショー」では、契約している多くのスタッフやモノを、実際動かすことができます。(ヒト・モノを動かせば、日当や減価償却代が出る)

●ヒトとしては、バンドマン、音響スタッフ、照明スタッフ、メイク、スタイリスト、司会者など。モノとしては、楽器、音響機材、照明機材、衣装、道具などです。\

●長くなりそうなので、この続きは次回に持ち越します。

ちょっとひとこと。私がこの仕事を始めた当初、「どうしてこんなに、ひとりの歌手に、ヒトがついて来るのだろう?」と疑問に感じていました。
今では「無理もない」と思っています。先方には先方の事情があるからです。

●ある女性演歌歌手ご一行様は、25名です!
「バックバンドの人数が多いから?」いえ、ちがいます。バンドは3人だけです。「あとは・・・?」

●地方でのディナーショーを依頼した場合、北海道や九州、四国では当然飛行機を手配しなければなりません。全員一般のシートというわけにはいきません。「手配するスーパーシートの数は?」・・・歌手ひとりではありません。上記の歌手の場合、「4席」というオファーが来ました。

「どうして?」

●次回は、実際に電話の応答で考えられる「想定問答」を中心に、話を進めてまいります。乞う、ご期待!

●さて、これで連絡先が分かりました。
決めたい歌手のリストも、10人ほど出来上がっています。
あとは片っ端から電話をして、条件を聞き、決めればいいのですが・・・

何といっても、相手は百戦錬磨のプロダクションのマネージャーです。
「高い買い物だし、ひとつ間違うとだまされるかもしれない・・・」

●まあ、そんな心配はあまりありません。“悪徳プロダクション”“悪徳マネージャー”は、そうそういません。あなたが決めようとしている名の知られた歌手が所属するプロダクションならば、まず大丈夫でしょう。

■聞き方にはコツがある

●「コンサート」や「ディナーショー」を、パッケージで買うこと。
これを歌手、芸能人の側から見ると“営業の仕事を請けること”となります。歌手や芸能人の多くは、“営業の仕事”で稼いでいます。役者と違って、テレビでは多くは稼げません。

●歌手がテレビに出るのは、レコードを売るためのプロモーションの場、という昔からの考えがあるためです。それでレコードが売れていた時代は良かったのですが、この2、3年そうやすやすとはCDは売れません。プロダクョンの台所事情はなかなか厳しいのです。

●どちらにしても、売る側より、買う側が強いのは当たり前です!
コツを飲み込んで、正々堂々と渡り合いましょう。

次回は、その「コツ」について詳しくお伝えいたします☆★☆