【中級】地域で行うイベントの留意点

■ご質問にお答えします!

【こころさんからのご質問】
==================================================
Q:私は子どもと親のイベント企画運営サークルを主催しているにもかかわらず、
あまりイベントごとに関心のない街に住んでいます。地元の子どもや、その家族
と一緒に楽しめるイベントを企画しようと思っているのですが、なかなかよい案
が浮かびません。

前回の例をお話させていただくと、プロのキッズソングアーティスト(知人)の
方に来ていただいて、1時間のコンサートを開催しました。
会場は100人前後入るスペースがあり、気軽に来て頂けるよう、Oneコインにこだ
わり、500円の入場料で開催したのですが、結局集まったのは知り合いも含め70人。

広告は、4000枚近く保育所・幼稚園・小学校等に配布し、簡易ポスターもスーパー
等に貼らせてもらい、地元誌にもイベント情報を掲載してもらいましたが、結局赤
字でした。

でもTVゲームや、共働きの親のために、なかなか親子でふれあう事のなくなった今、
何とか文化や芸術等、普段なかなか経験できなくなったことを経験できるような機
会を作ってあげたいです。
でも私にはその力量が今のところありません・・・何とかよい知恵を拝借できませ
んでしょうか・・・よろしくお願いいたします。

(句読点、文の区切りは発行者/橘)
==================================================

出来得る限りの、充分なPRはされていると感心しました。これ以上、ありませんよね。それなのに参加者が少なかったのは残念でした。「こころんさん」の想いが通じなかったのは、悔しかったことだろうと思います。

このイベントを計画された目的は、書かれている通り、「TVゲームや共働きの親のために、なかなか親子でふれあう」機会のない若いファミリー層に、「文化や芸術等」を通してふれあいの「機会を作ってあげたい」、という「ころんさん」の強い想いだったのでしょう。

長年仕事としてイベントを提供する側にいると、「なぜ、人が入んなかったのだろう」という経験は多々あります。そこで反省するわけですが、有料イベントの場合、考える要点は大体、以下の3点です。

1:宣伝方法に誤りがあった・・・伝えるべきことを充分伝えていなかった(楽しそう、とか。役立ちそう、とか)

2:キャスティングが間違っていた(お客様のニーズと違っていた)

3:値段が「もの」に見合わなかった(と、お客様に思われた)

そして経験的に感じるのですが、提供する側と、受け取る側に「共感」する要素がなければ、イベントは成功しません。来て頂きたい方が、なにを望んでいるのか、リサーチをすることも大切です。
でもイベントは失敗を恐れていてはできませんよね。これにめげず、頑張ってください。もっともっと、楽しいイベントを作りましょう!

●実は「こころさん」からの書き込みがあったあと、私が「アドバイス」を書き込む前に、この「問いかけ」に対し、応えてくれた方がいました。

==================================================
【夢折紙さんからのアドバイス】

私は、子供達の折り紙教室を20年程続けています。その中で、10年間続いたクリス
マス会と、七夕のイベントがありました。クリスマス会では、折り紙で飾りを作り、
キャンドルサービス、合唱と続き、地元の中学演劇部や、コーラス、読み聞かせサ
ークルに出演してもらいました。その後、工作やゲーム、ビンゴと、盛り上がりま
した。
10年続いたこのふたつのイベントは、回覧板のほかは、口コミで広がりました。
地域性にあった、季節のある「年間行事」というのが良かったようです。主催者と
しては、前準備をしっかりして、進行をスムーズにし、質を高くするよう気を付け
ました。ケーキが食べられて、お菓子のプレゼントがもらえる、というのも子供に
とって魅力的だったようで、子供たちのほうから、親に行きたいとせがんで参加し
ていたようでした。
==================================================

●「夢折紙さん」からのアドバイスは、具体的で、分かりやすいものでした。地域のクリスマス会で、『どのようにしてイベントを創ったか』が、実際のメニューを挙げて書かれています。

●メニューが随分と「てんこ盛り」のような気がしますが、10年続けていらっしゃるということですから、これでいいのでしょう。すべてを終えるのに3時間は掛りそうですが、イベントのメニューを、ワイドショーのように、コーナー分けして次々と変えることにより、ダレないのだと考えました。

●「夢折紙さん」は折紙の先生だそうですが、折り紙は飾りつけだけにして、他のサークル・団体とコラボレートしているのがいいですね。「地元の中学演劇部」や、「(ママさん)コーラス」、「本の読み聞かせサークル」と一緒にイベントを作ることにより、「主催者サイド」の「思い込み」や、「思い違い」を修正することが可能となりました。また、集客の点でも、拡がりが出来ているのだと思います。

●書き込みからは、「有料」か「無料」イベントなのかはわかりませんが、地域の子どもにとって、また父兄にとっても、「有料」に値するイベントだと思います。「ケーキが食べられて、お菓子のプレゼント」もあるそうですから、500円~800円とってもいいんじゃないのかな?

●「イベントを創る」コツのひとつに、《額縁をきっちり作る!》ということがあります。地域で行うイベントであっても同様です。

●ここでいう「額縁」とは、メインのイベントを引き立たせるための「外枠」です。装飾や、音響、照明、司会者、等がそれにあたります。

(装飾)
看板もそのひとつです。イベントのタイトルの書かれた看板ひとつで、ぐっと締まりが出ます。

(音響)
会場に見合った機材が必要です。合わせて、会場BGMや、出演者登場曲などの「ソース」にも気を配りましょう。

(照明)
出演者には充分な照明を当てましょう。「スポットを当てる」ことにより、イベントは100倍引き立ちます。

(司会者)
例えば、司会者が出演者をキチンと紹介するすることで、初めて出演者が観客に認知されるのです。ズームされ、クローズアップされるのです。