【中級】オリジナルのイベントとは?(2)

“「仕込み」の出来ないイベントプランは、「絵に描いた餅」”と、前回書きました。そのことについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

■イベント実施のきっかけ

イベントを実施しようと思うきっかけは、いろいろな場合が想定されます。

1.仲間同士、クラス会、町内会で盛り上がりたい!
結婚式、子供会イベント、自治会の集まり、等

2.イベントを仕掛けて、売上を上げたい!
パーティー券を売る、コンサートチケットを売る、等

3.売上を上げるため、お客様をたくさん呼びたい!
ストアイベントのセール企画、等

4.新商品を大々的に発表したい!
展示会、見本市、記者発表会、店頭プロモーション、等

5.その他~文化・スポーツイベント、博覧会、会議イベント、等

 

■集客

こうして見ていくと、大抵のイベントは、質の問題はおくとして『ひとりでも数多くの人を集める』ことに、第一の目標があることが分かりります。
ではどうすれば、人が来てくれるか?そこからイベントのプラン作りは始まります。

 

■イベントは、プランづくりから

プラン作りで大切なことを、まず3つ挙げます。

 

1.誰を呼びたいのか?
「誰でも良い」場合もありますが、「効果」「効率」を考えると、ターゲットの絞込みは重要です。「不特定多数」の観客が押し寄せると、警備・安全の面で不安が生じます。

 

2.安全かどうか?
すべてのイベントで、最も重視すべきことです。観客の安全は勿論ですが、スタッフの安全も考慮に入れなくてはなりません。規模により、傷害保険(イベント保険)への加入も、考慮すべきです。

※実施内容により、警察署や消防署への届出が義務付けられいる場合もあります。

 

3.費用対効果に見合ったイベントか!?
予算にかなったイベントかどうか?
イベントを仕込むには、出演料やレンタル費(場所代・什器レンタル費、音響機材レンタル費、他)等の「直接経費」の他に、「雑費」部分をしっかり取っておかなければ、あとで『しまった!』ということに成りかねません。

※「雑費」には、誰でもすぐに思いつく交通費、食事代の他に、「現場」で、機敏に対処すべきものも含まれます。

○急病人が出た→スタッフが付いてタクシーで病院に行った→
治療費を支払った→家まで送り届けた・・・といった経費も考えておかなければなりません。

 

●プラン作りで最重要な課題、それは・・・
「仕込み」の可能なイベントかどうか、です。
プランを立て、どんなに面白いイベントを思いついたとしても、そのイベントの実施が不可能では、“絵に描いた餅”です。プランニングと同時に、仕込み先も想定しておきましょう!

 

●プランが縮む?!
そんなことはありません。実施不可能なプランは、“フィニッシュプラン”ではないのです!
不可能に思えるプランも、一部分「代案」を立てることにより、可能となります。また、いろいろな業者や、プロダクションに粘り強く当れば、面白がって、「仕込みを可能にしてくれる」ことだってあります。

 

●オリジナルイベントへの道
だれも思いつかなかったイベントを見事立ち上げ、きちんと実施し、その斬新性が高く評価され、観客がひきも切らず押し寄せる・・・。
ぜひ、取り組んでみてください。仕込みに関しては、いろいろとご相談にのりますよ。