【中級】『既製品』のイベントと、その数

■世の中にイベントのネタ数は一体いくつあるのだろうか?

業界誌である『イベントレポート』(インタークロス研究所)が、1年に一度発刊している『イベントツール事典』(2002年度版)でその数を数えてみました。「ジャンルでさがす」で検索すると、

1.パッケージイベント ■176アイテム
●膜体遊具/乗り物/体験マシーン/仮想体験/着ぐるみ/ゲーム(屋内・屋外)/スポーツツール・運動会用品//抽選機/コンテスト機器/縁日・お祭り用品/その他
2.遊具機器 ■395アイテム
文化催事用展示/各種工作教室・その他/動物・昆虫
3.エンターテイメントショー ■455アイテム
●ステージショー/キャラクターショー/パフォーマー/マジシャン/モノマネタレント/ミュージシャン/ダンサー/コンパニオン/モデル/劇団/警備員・警備システム/タレント派遣/その他・サービス
4.PR・SPツール・イベントカー ■130アイテム
●飛行船/アドバルーン/エアアーチ・バルーン・インフレータブル/のぼり・旗/チンドン屋/映像搭載車/ステージ搭載車/ボードカー/送迎用車両/ノベルティ/風船/その他
5.AV関連・特殊効果 ■74アイテム
●音響機器製造・レンタル・運用/照明機器製造・レンタル・運用/映像機器製造・レンタル・運用/花火/降雪機/祝砲/特殊効果機器・レンタル・運用/その他
6.展示装飾・設営・施工 ■68アイテム
●デコレーション/パネル/トラス/仮設ステージ/テント/その他
7.その他 ■69アイテム
●食材提供/厨房機器レンタル/コスチューム製造・レンタル/小道具製造・レンタル/ストリートオルガン/通信・中継サービス/来場者管理システム・マーケティング/その他
総計1,367アイテム、でした。
ネタ元違いで、内容がほぼ同じもの。「ジャンル分け」の段階で、またがって記載されたものもありますので、アイテム数で云うと、実態は1/3の450程度だと考えられます。※これが世の中に流通するイベントの全てではありません。
ただし、パッケージ化された『既製品』としてのイベント、と考えると、90%はカバーしているのではないでしょうか。(経験に基づくワタシのカンですが!?)これらパッケージ化された『イベント』は、「単品」でイベントとして成立する“主役型”ものと、主役をサポートする“脇役型”のものに分かれます。もちろん、すべて買うことができます。

例えば・・・、
□□商店会主催で、『さくら祭り』を4月の第1土日に2日間実施する、としましょう。ご来場いただくファミリーのために、上記のネタの中から、次のようなイベントを、「中央広場」で実施することに決定したとします。

【主役型】~外部発注
・スーパーマリオのふわふわ(膜体遊具)~2日間
・パフォーマー(風船ピエロ・パントマイム)~1日2人/2日間
・ヘリウムガス風船配布(1日1000個)~2日間

【脇役型】~外部発注
・音響機材・司会者・コンパニオン・進行スタッフ

上記のイベントにかかる費用は、イベント制作会社1社に任すと、一式で約150万~180万円程度です。私の会社で請けても、同じです。こうしたイベントの発注の仕方もあります。『既製品』のイベントを、そのまま採用するという方法です。
ただ、『event_go』で私が提唱したいのは、別のものです!

実施する側がイベントにもっと深く関わり、「手作り」感があって、費用をあまり掛けないイベントです。
費用を掛けすぎると、「次」がなくなってしまいます。イベントは、やり続けることが大切です。
「あの店はいつもなにかやっている!」「あの店はいつ行っても楽しい!」という声が聞きたいのです。ファンを育てるところに意味も、醍醐味もあります。自分の地域のお客様の特性を考え、オリジナリティのあるイベントを“創り”ましょう!「オリジナリティのあるイベントとはなにか?」