【初級】イベントその後、その前に

「イベントはどうだったのだ?」という問い合わせをいただきました。
前回、冒頭でこう書きました。『イベントが終了しました。Aさんは「成功だった」と自負しています。おおむね天候にも恵まれました。最終日に1時間ほど豪雨に見舞われましたが、それはスコールのようで、その後からりと晴れ渡り、虹が見えました。』
これで終わらせるつもりでした。あえて中身を書かなくても、話を進める上での設定に基づく「フィクション」だし、書いたところで「よかった、よかった」の成功話ししか書けないと思っていたからです。
でもお便りをいただいて、考え直しました。今回で18回も続けたことだし、肝心な中身を書かずに済ますのは、やはり締まりが着かないのではないかと。
そこで、思いっきり“劇的に”お話を作ってみることにしました。あらかじめお断りしますが、今回、アドバイスや情報になるようなものは、多分一切ありません。
★オールキャスト総出演でお届けします。では、event_go!!
-=-=【舞台設定】-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
▽「八幡宮商店会」の役員
Aさん(あなたです)「△△洋品店」経営。
役員の中で一番の若手。張り切りマン。
〃その他の役員
Bさん・Cさん・Dさん
▽〃商店会長
Eさん「□□金物店」経営。責任感の強い人。
ただ最近、神経痛で、弱気。
▽イベントの実施予定案件
10月11・12・13日の3日間、開催される八幡宮・秋の大祭・大売り出し
※「八幡宮商店会」と「八幡宮商店街」を使い分けています。前者は組合名で正式名称。後者は通称で、一般に呼ばれている名称です。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
○イベント初日(10月11日)
【プロジェクトX風】
朝5時の風はやはり冷たいと、商店会長Eは、誰もいない「八幡宮商店街」をひとり歩きながら、フトそうつぶやいた・・・。Eは、Aにこのプロジェクトのすべてを任せてからは、黒子に徹することに決めていた。
【Aさんの日記より】
いつの間に眠ってしまったのだろう。朝6時前に妻に揺り起こされる。
この2,3日不安と興奮で眠れぬ日々が続いていた。本番初日も寝不足かと、諦めていたのだが。昨日、すべての仕込みと、確認作業を終えたため、気が緩んだのだろうか。どちらにしても、よく眠れたのはありがたい。
窓のカーテンを引き、空を眺める。大丈夫だ、今日は晴れ!
【TVドラマ風~シーン1/商店会事務所にて・朝7時】
BとC、商店会事務所への階段を軽快に上がっていく。ドアを開け、中を覗き込む。
B「おや、まだ誰も来てないのか」
C「不用心だな、カギ掛け忘れ?」
階段を足早に駆け上る音。D、登場。
D 「おはよう。会長とAさん、もう抽選会場に行ってるよ。俺、これ取りに戻ったんだ」(と、虎ロープの束を肩に担ぐ)

B 「随分と早いなあ。他に何か持っていくもの、ある?」

D 「いや、それより早く会場に行って、景品並べをしてくれるかな」

C 「椅子やテーブルは?」

D 「それはもう、会長たちが倉庫から出してセット終わったはずだ」

C 「なんか俺たち、出遅れちゃったなあ」

D 「そんなことないさ。まだ初日が始まったばかりだから」

B 「そうさ、これから3日間、まだまだ長丁場だからな」

C 「うん。会長やAさんのフォロー、しっかりしなきゃな」

D 「おっと、ぐずぐずしてられないや。急がなきゃ」
BCD、出ていく。すぐにC戻ってきてカギを締め、あわてて立ち去る。
【再び、プロジェクトX風】
Aは胸騒ぎを覚えた。大学の占い研究会のZがまだ到着してない。Bを駅に迎えにやらせたが、まだ姿が見えないという。Zの携帯にかけたが、留守電になったままだ。
11時を過ぎて抽選会場にはぼつぼつと人が集まって来た。このままでは4等が出ると景品がない!Aは4等の抽選玉である「青玉」を抽選機から抜くべきどうか、迷った。
その時だった。今回のイベントのアドバイスをずっとしてくれていた大学時代の友人Tが、Zを伴って駆け足で現れた。
T「こいつ、駅の反対側の改札口にいたんだ」
AはTの顔をまじまじと見た。口のよこに米粒が付いていた。Aは声がのどにつまって何も云えなくなった。
T「紹介した手前、心配になってね。イベントの様子を見に来たんだ」
Tは米粒には気づかず、はにかみながらそう云った。
※『地元大学サークル/占い研究会による占いコーナー』
~福引の4等景品として採用。抽選会と絡めた、女性向け還元型イベント。
◇         ◇         ◇
イベントの出演者に、「しろうと」を使うのは要注意です。上記のような場合は、モーニングコールをするくらいの細心さが必要でした。プロならば、まず時間に遅れたりはしません。イベントで占い師を呼ぶと1日3万程度です。質的に云ってもやはり上位で、不慮の事態に対する対応力があります。いろいろな安心料を含めると、けして高くはないと思います。
〔初日・二日目のイベントは、3日間通しです〕

1.『福引抽選会』~恒例の顧客還元型イベント。

2.『折紙で壁面飾り』~子ども、及びファミリー向け参加型イベント

3.『縁台将棋・オセロ大会』~世代を越えたふれあい参加型イベント

4.『地元大学サークル/占い研究会による占いコーナー』
~福引抽選会と絡めた、女性向け還元型イベント
※『チャレラン大会』は、最終日に行われます。

 

 

■次は>>>イベントその後、そして予告