【初級】イベントを決定する

さあ、状況は整いました。10月の『八幡宮・秋の大祭・大売り出し』のためのイベントを決めていきましょう。
テーマは《未来に向けた八幡宮商店街のファン作り》です。Aさん、頑張って!!アンケートから読み取れる「八幡宮商店街」の顧客像は、
年齢比は、50代から60代以上といった老年世代が60%、次いでヤングファミリー層が25%で、その他が15%でした。男女比は3対7で、この方達が現在の八幡宮商店街のファンで、何といっても、今回のセールのコアターゲットです。
そしてチャレンジ目標として設定したのが、「今回の大売出しを機に、新しいファンを20%獲得しよう!」でした。
問題は「新しいファン」をどの層に設定するかです。
Aさんは、迷うことなく「ヤングファミリー層」としました。それは『商店街の未来』のためです。
新しい団地ができて、新住民となった若い世帯に期待をかけると同時に、その子どもたちの記憶の中に、“ふるさとの風景”として「八幡宮商店街」を留めてほしいと考えたからです。
そして子どもたちが成人し、結婚してまた自分の子どもを育てる時、再び訪れる場所にしたかったからです。
まるで魚のシャケの子どもが、再び同じ河をさかのぼるように。
★こうした考え方は、かつて大手百貨店では実際考えられてきました。
今でも、できた当時の外観を変えずに残したり、シンボルマークや、包装紙をそのままにしているのがそれです。
少し結論を急ぎましょう。
Aさんの決めたイベントプランは、次の通りです。
1.『福引抽選会』~恒例のため、今年も実施。1店舗3,000円お買上げごとに1回抽選。各店舗には協賛金として、抽選券1枚につき150円(5%)でお買上げいただく。足りない分はイベント経費から出す。
★福引抽選会については左・欄外参照。
2.※『チャレラン大会』~子ども、及びファミリー向け参加型イベント
3.※『折紙で壁面飾り』~子ども、及びファミリー向け参加型イベント
※上記2点については、『【共感を呼ぶイベント】お店の“ファン創り”
に最適な「お薦めイベント」vol.1・2』をご参照ください。
4.『縁台将棋・オセロ大会』~老年世代と、子ども世代のふれあい。
5.『地元大学サークル/占い研究会による占いコーナー』
~福引の4等景品として実施(末等は5等→ポケットティッシュ)
◇         ◇         ◇
各イベントの概要は、上記の通りです。Aさんは、業者に丸投げせずに、基本的には自分たちの力で、イベントを実施するつもりでいます。はたしてどうなるか。予算は大丈夫なのか。皆の協力は得られるのか。
次回からは、「イベントの醍醐味」、いよいよ仕込み作業に入ります。

 

 

 

■次は>>>「運営マニュアル」