【初級】プレスリリースの書き方と、この章のまとめ

※その前に【前回の続き】~「プレスリリースの書き方」について
●プレスリリースの書き方→Eメールで出そう!
プレスリリースだからといって、改まった文章は必要ありません。Eメールだと失礼じゃないか、ということもまったくありません。マスコミに対して、ニュースソースをひとつ提供するのだ、といった気持ちで堂々といきましょう!
「載せてくれなきゃ困るから」と考えても、選ぶのは先方なので、「載る、載らない」は、あくまで内容次第です。
★案外、地元ネタにはマスコミは寛大ですよ。
さて、段取りはというと、
1.送付先をリストアップ
プロに依頼すると、何千という数のメールをマスコミに向けて発信してくれます。でもこれは、「数、撃ちゃ当たる」論理で、プロでなければ、そんな数のリストもないし、調べる時間・方法もなかなかありません。
ここは、正攻法でいきましょう。
☆☆地元のタウン誌、新聞の地方版などに、最低10数社程度、「厳選ピックアップ」して、メールしましょう。
2.書き方
タイトルと、5W1Hで、簡潔に書きましょう。
そして、ここが大切ですが、「何がウリなのか」を目立つところに、はっきり書きましょう。
☆☆それが、売出し(展示)内容なのか、それともイベントなのか。
3.取材
先方の目に止まり、取材しよう(=後パブ)ということになれば、連絡がきます。こないこともあります。
☆☆連絡がこなくて、前パブ(※予告告知記事)だけが、突然載ることもあります。
☆☆取材に対して、「マスコミ対応係」を事前に決めておきましょう。
渡せる資料も準備しておきましょう。カメラマンが来ない場合もありますので、写真を用意しておけば、記事の中で使ってくれ、「大きなスペース」で!!取り上げられる場合も、あるかも。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
イベントを決定する前に、のまとめ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1.目的にあったイベントを計画しましょう。
それは、集まってほしい客層に喜ばれるイベントです。安全で、心がウキウキして、ちょっとお得な体験ができた、と実感できるものです。
2.集まってほしい客層が、ザクザク集まる仕掛けを創りましょう。
イベントは仕掛けです。販促予算が許すならば、他社の思いつかない、ターゲットに合った仕掛けをもうひとつ工夫しましょう。
さらなる動員アップのため、イベントは有効な手段となります。
3.イベントの内容を決めるとき、ひとつの方法として「パブリシティ・イベント」を検討しましょう。集客と、認知度がグッとアップすること、請け合いです。
◇         ◇         ◇
以上で、4回にわたり書いてきました「イベントの実施を決定する」を終わります。次回からは「仕込み段階」に入ります。

 

 

 

■次は>>>「スタッフを決める」〜キミこそディレクター