コンプライアンス

compliance

ジーツーゲイトでは、社内にコンプライアンスを専門に担当する部署を設置しています。また、規則・マニュアル等の整備や各種研修の実施などにより、コンプライアンス意識の浸透・徹底を図っています。

具体的な取り組みといたしましては、社内イントラネットで「コンプライアンスホームページ」を設置して、社員への理解促進を図っています。

また、コンプライアンスについての最新事例を紹介する「コンプライアンス・キャラバン」を行っています。その他にも、新入社員から役員にいたるまで研修を実施し、コンプライアンス意識の浸透を図っています。

社内で法令違反などがあった場合の内部通報システムとして「社内報告提案制度」を設置し、法令遵守を徹底する体制を整えています。

広告関連業務における法令遵守

ジーツーゲイトは一般的な法令遵守に止まらず、広告をはじめとするコミュニケーションに携わる企業として、不当景品類及び不当表示法(景品表示法)や著作権法といった関連法令遵守も徹底しています。

クリエーティブ表現に関わる「知的財産権の侵害防止」や「人権・環境への配慮」各種キャンペーン実施に求められる「個人情報の取り扱い」や「適正な景品・広告表示」、急速に広がるインターネット関連業務での対応、景品の安全性等の課題にも対応しています。
こうした相談を受け付ける部署を設置するほか、ハンドブック・マニュアル等の整備や、教育・研修などを実施しています。